スポーツ情報

ほとんどサイクルロードレース関連。。。

【エドヴァルド・ボアッソンハーゲン】ノルウェーの頼れる何でも屋自転車選手。

多才なノルウェー

 エドヴァルド・ボアッソンハーゲンという選手がいます。ノルウェー出身で、ディメンションデータに所属しています。

Embed from Getty Images

 どんな選手かというと・・・一応当てはめるとしたら『登れるスプリンター』といったところでしょうか。さらに、彼の凄いところは、超優等生なところです。絶対的なエースがいれば献身的にアシストをして、エースに何かあった場合は、自らがきっちりとチームに勝利をもたらします。

 

 そんな『何でも屋』、ボアッソンハーゲンについてまとめました。

 

目次

 

スポンサードリンク
 

                                                                                                  

ツール・ド・ラヴニールでの活躍

 ボアッソンハーゲンはセミプロ時代、若手の登竜門であるツール・ド・ラヴニールに出場しています。この大会はU23版のツール・ド・フランスと呼ばれ、この大会で活躍した選手は、プロ入り後も活躍をしていきます。将来のスター選手が見つかるレースです。

 そんな、U23の最高峰のステージレースで、ボアッソンハーゲンは輝きます。全10ステージあるレースなのですが、その第2,5,7という怒濤のステージ3勝を飾ります。1ステージ勝つことでさえ相当困難なこの最高峰のレースで、3勝もするという末恐ろしい結果を残しました。

                                                                                                  

チーム・ハイロード入り

 ラヴニールで圧倒的な力を見せたボアッソンハーゲンは2008年にチーム・ハイロードに向かい入れられます。その加入年から、クリテリウム・アンテルナシオナルのTTステージでの優勝など結果を残します。この時、トニー・マルティンザブリスキーなどTTが得意な選手を下しています。

                                                                                                  

世界に知れ渡った2009年~ヘント・ヴェヴェルヘム勝利~

 翌2009年。ボアッソンハーゲンの実力が広く知れ渡った年となりました。ベルギーの伝統あるクラシック、ヘント・ヴェヴェルヘムで勝ったのです。

 モニュメントではありませんが、クラシックを狙う選手なら誰もが勝利を欲しがる格式高いレースです。終盤に2人で抜け出したボアッソンハーゲンは、そのままゴールを迎え、スプリントで勝利しました。展開も味方しましたが、真の実力がないと勝てないレースで結果を残しました。

Embed from Getty Images

                                                                                                  

世界に知れ渡った2009年~ジロでの活躍~ 

 もう一つの大きな勝利は、ジロ・デ・イタリアでのステージ優勝です。チームには、カヴェンディッシュがいるため、平坦ステージでは彼の為にアシストをこなします。カヴェンディッシュが脱落してしまうステージでは、自らが勝利を狙います。

 第7ステージでは、下りで数人とともに抜け出すと、ゴール前では一人次元の違うスプリントでステージ優勝をしました。前日の第6ステージでも、スカルポーニの逃げ切りが決まってしまいましたが、集団ではスプリントを制し、ステージ2位になっていました。ピュアスプリントでも相当な力を持っていることが証明されました。

 

スポンサードリンク
 

                                                                                                  

スカイに移籍

  2010年、ボアッソンハーゲンはイギリスのチーム・スカイに移籍します。このチームでも、アシストとしての献身ぶりと、エースに何かあったときには、自分がチームに勝利をもたらすという超優秀ぶりを見せました。

                                                                                                  

2011年 ツールでステージ2勝

 2011年のツール・ド・フランス。ボアッソンハーゲンが所属するスカイの目的は、イギリスのヒーロー、ブラッドリー・ウィギンスで総合優勝をすること。実際に、ウィギンスは前哨戦のクリテリウム・ドゥ・ドーフィネで総合優勝するなど、調子は良さそうでした。このツールで、ボアッソンハーゲンは第6ステージを制します。起伏があり、スプリンターは軒並み脱落。ボアッソンハーゲンのスプリントに敵はいませんでした。

 しかし、ボアッソンハーゲンの勝利の翌日の第7ステージ、ウィギンスが落車による鎖骨骨折でリタイアしてしまいます。目標を失ったスカイは狙いをステージ優勝にシフト。ボアッソンハーゲンは更なる勝利を挙げるべく、積極果敢に攻めます。そして、終盤の第17ステージで、独走逃げ切り勝利を挙げ、チームに2勝目をもたらしました。

                                                                                                  

2012年ツールでの献身

 ウィギンスがリタイアした翌年の2012年のツールでは、献身的なアシストが光りました。今年こそ総合優勝を目指すウィギンスのために集団を引き続けました。終盤のステージでは、ウィギンスが感謝を表すべく、ボアッソンハーゲンをアシストしてスプリントさせるシーンもありました。結局、グライペルに勝利は持って行かれましたが、感動的なシーンでした。最終ステージでは、発射台を努め、きっちりとカヴェンディッシュを勝利に導きました。

                                                                                                  

MTNクベカに移籍

 2015年のシーズンから、ボアッソンハーゲンはアフリカ籍のチーム、MTNクベカ(現ディメンションデータ)に移籍しました。かつてボアッソンハーゲンも所属したハイロードを思わせるような布陣、スピード系のチームでした。2016年にはカヴェンディッシュも加わり、完全に新・ハイロードと化しました。2016年ツールは成功を収め、カヴェンディッシュが復活のステージ4勝を挙げました。

                                                                                                  

2017年ツールで久しぶり勝利

 新・ハイロードと化したチームで、成功した翌年のツールは、序盤でエースのカヴェンディッシュがリタイアするという波乱に見舞われました。しかし、そんな時に勝ってくれるのがボアッソンハーゲン。

Embed from Getty Images

 第19ステージで、逃げに乗りました。終盤に現れたラウンドアバウトでボアッソンハーゲンともう一人の選手と、逃げ集団の他のメンバーが左右に分かれて通過しました。すると、ボアッソンハーゲングループが、少し抜け出す形になり、そのまま加速。あまりの速さに、付いてきたもう一人も堪らず離れ、独走勝利を飾りました。そういえば、TTもかなり得意なんですよね・・・

 

 カヴェンディッッシュについてはこちら↓

bikebicycle.hatenablog.com


スポンサードリンク