スポーツ情報

ほとんどサイクルロードレース関連。。。

【独走家】ヴァシル・キリエンカってどんな選手??

 スカイに所属する、ヴァシル・キリエンカという選手をご存知でしょうか。

Embed from Getty Images

淡々と、無表情で高出力を維持する、独走が得意な選手です。

個人タイムトライアルで、世界チャンピオンにもなっています。

この、キリエンカはどのような選手なのでしょうか。

スポンサードリンク
 

ルーツはトラック競技

 現在は専ら、ロードレースで活躍するキリエンカですが、キャリア初期はトラックで実績を積んできた選手です。

2005年のトラックワールドカップでは、ポイントレースで、2006年にはスクラッチで優勝を果たしています。

一流のスピードを備えている選手であることは、明白のようです。

2008年、飛躍の年に

 2007年から、キリエンカはティンコフクレジットシステムに移籍しています。

ブエルタ・ア・アルゴスでのステージ優勝など、ロードレースでも着実に実績を積んでいきました。

そして、翌2008年。この年はキリエンカにとって、飛躍の年になりました。

ポイントレースの世界チャンピオンに

 2008年。この年の世界選手権はマンチェスターで行われました。

キリエンカは、この世界選手権でポイントレースに出場し、優勝を果たします。

Embed from Getty Images

キリエンカはポイントレースの世界チャンピオンになったのです。

この時、2位とは1ポイント差の僅差でした。

2位の選手とは、後にツールでもステージ優勝をあげるフランスのクリストフ・リブロンでした。

 

ジロでステージ優勝

  世界選手権のポイントレースで優勝したこの年、ジロの第19ステージで優勝を果たします。

それまでも何度か逃げに挑戦していましたが、ステージ2位を2回と悔しい結果となっていました。

その悔しさを晴らすように、逃げ集段からラスト15kmを残し、アタックを仕掛け、山頂ゴールを1位で迎えました。

グランツールでのステージ優勝は、一流の証と言われますが、キリエンカは初出場のジロで達成しました。

 

独走逃げ切りのスペシャリスト

 キリエンカといえば、無表情で淡々と走る姿が思う浮かぶ方も多いと思います。

よくその姿を見ますよね。一人でも、淡々とペースを維持し、逃げ切る力が彼にはあります。

2008年にジロでステージ優勝を達成していますが、その後も、

ジロは2011年、2015年にもステージ優勝。

2011年は、見事な独走逃げ切り。2015年はTTステージでの優勝でした。

Embed from Getty Images

ブエルタでも2013年にステージ優勝を達成しています。

厳しい登りを含む、過酷な第18ステージで、40kmの独走で勝利しました。

過酷なステージでの、独走逃げ切りが彼の必勝パターンとなりました。

 

個人TTの世界チャンピオンに

 トラックの世界選手権での優勝経験のあるヴァシル・キリエンカですが、2015年には世界選手権の個人タイムトライアルで優勝します。

もともとベラルーシのTTのナショナルチャンピオンには何度もなり、世界選手権でも3位と4位を経験していたキリエンカ。

2015年に遂に、世界チャンピオンに上り詰めました。

Embed from Getty Images

1年間、TTのレースでアルカンシェルのキリエンカを見ることができました。

 

スポンサードリンク