スポーツ情報

ほとんどサイクルロードレース関連。。。

【TTスペシャリスト】ローハン・デニスとはどんな選手?

ローハン・デニスとは?

 ローハン・デニスといえば、サイクルロードレース界を代表するTTスペシャリストの一人です。オーストラリア人でBMCに所属しています。どのような選手なのでしょうか。まとめました。

目次


スポンサードリンク
 

                                                                                                                                                                                  

トラックで鍛えられたTTスペシャリスト

  最近はロードでの活躍がめざましいローハン・デニスですが、かつてはトラック種目で輝かしい成績を残しています。

国際大会で活躍し、2010年、2011年には団体追い抜きで世界選手権で優勝しています。

Embed from Getty Images

 この時のローハン・デニスの他のメンバーは、キャメロン・マイヤー、マイケル・ヘップバーン、ジャック・ボブリッジという、同じくロードレースでも活躍するスピード自慢の選手たちです。 デニスは世界選手権個人追い抜きでも5位になっています。 TTが速いのは当然といえば当然のようです。

                                                                                                                                                                                  

ダウンアンダーで爪痕を残す

 トラックレースで活躍していたローハン・デニスですが、2012年にはオーストラリアのU23ロードとTTの両方で優勝します。

 そして、ツアー・ダウンアンダーに参戦しました。このレースは、UCIワールドツアーに組み込まれているレースなので、世界のトッププロチームが集結します。この時のローハン・デニスの所属は南オーストラリア大学です。母国のレースで、デニスは奮闘します。

  第4ステージではなんと、1級山岳をトップ通過し、第5ステージでもバルベルデらを相手に登りで競り合います。終始見せ場を作ったローハン・デニスは最終的には総合5位でフィニッシュ。山岳賞と新人賞も獲得UCIプロチームの選手たちと競い合い、きっちりとロードでも活躍できるところを世界に見せつけました。

                                                                                                                                                                                  

ガーミン・シャープへの加入

 2013年、ローハン・デニスはUCIプロチームであるガーミン・シャープ(現EFエデュケーション・ファースト・ドラパック)に加入します。ダウンアンダーの成績が良いアピールになったのでしょう。

  そして、この年、早速クリテリウム・ドゥ・ドーフィネで活躍しました。第4ステージが得意のTTであり、ローハン・デニスは惜しくもステージ2位でした。ステージ優勝はトニー・マルティン。惜しいですが、3位以下をみると、その強さが分かります。3位クリス・フルーム、4位カストロビエホ、5位クヴィアトコウスキー、6位ボアッソンハーゲン、7位リッチー・ポート です。これによって、デニスは1日だけでしたが、マイヨ・ジョーヌを着ることができたのです。

                                                                                                                                                                                  

BMCへ移籍。そしてダウンアンダーを制覇。

 2014年8月、シーズン中にもかかわらず、ローハン・デニスはガーミンからBMCへ移籍しました。異例のことで、話題になりました。そして、この年のBMCは世界選手権のチームTTで優勝します。TTスペシャリストのデニスの大きな貢献があったことでしょう。

 そして、2015年のツアー・ダウンアンダーを迎えます。

第3ステージで、リッチー・ポート、トム・ドュムラン、ポッツォヴィーヴォ、カデル・エヴァンスと同じ集団にいたローハン・デニスは、この集団からアタックをしてステージ優勝。そして総合でもトップに躍り出ます。

Embed from Getty Images

 山場となる第5ステージのウィランガヒルでは、総合優勝を目指すポートがやはりアタック。デニスは食らいつきますが、ポートの鬼のような加速に離れてしまいます。

しかし、ここからTTスペシャリストとしての力を発揮したのか、“踏み続ける”ことができ、致命的となる大きな差は生まれませんでした。どうにかポートの猛追から逃げ切ったローハン・デニスは2秒差でツアー・ダウンアンダーを総合優勝することができました。

                                                                                                                  

アワーレコードを更新

 一時間で、どれだけの距離を走れるのか?TTスペシャリストが夢見ること。アワーレコードの更新です。かつては盛んだったアワーレコードでしたが、それに特化した機材やフォームが乱立し、それに対する規制もあり、混沌とした状態でしばらく挑戦者は現れませんでした。

 しかし2014年に新たなルールが決まったため、続々と挑戦者が現れました。2015年2月には、ローハン・デニスもアワーレコードに挑戦しました。前記録はマティアス・ブランドレ(当時IAM所属、現在はトレック・セガフレードに所属)の51.852kmでしたが、デニスが52.491kmへ更新を果たしました。見事にアワーレコードホルダーになったのです。

 しかし、その後はアレックス・ダウセットに更新され、さらにその後はブラッドリー・ウィギンスが驚異的な記録で更新。それまでの挑戦者とは異次元の記録を打ち立てられましたが、デニスの再挑戦はあるのでしょうか・・・


スポンサードリンク

                                                                                                                                                                                  

ツール初日勝利でマイヨ・ジョーヌ

 2015年のツール・ド・フランスは第1ステージが13.8kmの個人TT。最初のステージなので、ここでステージ優勝出来ればマイヨ・ジョーヌを着ることができます。TTスペシャリストは絶対に逃したくないチャンスです。

 この大チャンスを、ローハン・デニスはものにしました。トニー・マルティンファビアン・カンチェラーラ、トム・ドュムランといったスペシャリストがひしめく中で、後半で伸びたデニスが優勝したのです。(風も味方しました。)

Embed from Getty Images

 長距離TTではないため、トラックで4kmの戦いを繰り広げてきたデニスに向いていたのかもしれません。この大きな勝利は、TTスペシャリストとしてのローハン・デニスを強く印象付けました。

 多くのファンの中で、なんとなく知っている選手ではなく、強いTTスペシャリストのローハン・デニスとして認知されたと思います。

                                                                                                                                                                                  

中規模ステージレースでの活躍

 ツアー・ダウンアンダーで総合優勝をしている、ローハン・デニスですが、他のステージレースでも総合争いをしています。中規模のステージレースであれば、得意のTTを活かして総合優勝争いができるようです。

 ・2016年のツアー・オブ・カリフォルニアでは、超級山岳で遅れますが、TTで大幅に挽回して総合2位。

 ・ツアー・オブ・ブリテンでもTTの好成績と、独走の逃げ切りでタイムを挽回し、総合2位。

 ・2017年のティレーノ~アドリアティコでは、最初のチームTTで稼ぎ、山岳で失い、最終個人TTでの好走で総合2位。

いまのところは、TTスペシャリストとして、遅れをTTで挽回するスタイルのようです。

                    

ブエルタでも初日勝利でマイヨ・ロホ

 ツールで初日の個人TTで勝利し、マイヨ・ジョーヌを着用した経験のあるローハン・デニスですが、2017年にはブエルタでもリーダージャージであるマイヨ・ロホを着用しました。

 第1ステージがチームTTだったのです。彼の所属するBMCはチームTTで世界選手権優勝の経験があります。その主軸となっているのが、スペシャリストのローハン・デニスです。

 同じくチームTTの強豪であるクイックステップを6秒差で下し、デニスがBMCの先頭を牽く形でゴールしたため、マイヨ・ロホが彼のもとに舞い降りました。

これによって、ツール、ブエルタと、二つグランツールのリーダージャージ着用経験者となりました。

 

        

マリア・ローザ獲得で3大ツールリーダージャージ制覇

 2018年ジロで快挙を成し遂げます。第1ステージの個人TTで、トム・デュムランに次ぐ2位と、好位置につけていたデニス。続く第2ステージでボーナスタイムを獲得し、リーダージャージであるマリア・ローザを獲得することの成功。

 2015年ツール、2017年ブエルタに続いて、ジロでもマリア・ローザを着用し、グランツール全てのリーダージャージを着用した選手となりました。これは偉大なことですね。

                                                                                                                                                                                  

今後

  総合系選手にとって、山に対応したTTスペシャリストほど恐い存在はないはずです。クライマー系のGCライダーから、山では遅れないことに徹し、TTで大量のタイムを奪っていく戦い方。この戦い方ができる選手が、一時代を築いてきました。

  成績は剥奪されましたが、ツール7連覇したランス・アームストロング。2012年ツール勝者のブラッドリー・ウィギンス。そして、ツールに4回勝っているフルームも、山岳ではすっかり大人しくなり、昨年なんかはこの方法で勝っていますよね。

 同じタイプのトム・デュムランと共に、ローハン・デニスは今後のグランツールの台風の目になるのかもしれません。

スポンサードリンク